レディ

目に異常を感じたら眼科へ行こう|緑内障は早期治療が大事

視界に映る影の正体とは

ウーマン

時々視界に虫やゴミのような変な影が映ることはないでしょうか。知らない人も多いですが、これは飛蚊症と呼ばれる状態であり、様々な原因があるとされています。この虫やゴミのような影は目の中の硝子体という細胞が混濁したものが網膜に映ってしまう状態であり、原因は主に2つに分類されます。1つは硝子体の酸化です。2つ目は病的なものではない生理現象です。前者は特に病的なものを想起させるとても大切な所謂「予兆」ですが、後者は病的なサインではないので安心してください。1つ目の硝子体は様々な原因を持っています。紫外線やブルーライトなどの浴びすぎや、加齢や打撲、特定の目の病気などにより引き起こされ、実に様々です。その為、どのような状況で飛蚊症が確認できたかを見極めることが大切です。

飛蚊症は様々な原因を持つということは前述の通りですが、実際に特定の病気の予兆となるものは限られています。ですが、この症状が非常に頻繁に見られる場合はなにかの予兆であることが疑われます。このような場合は眼科を受診しましょう。大切なことは、飛蚊症すべてが何かの病気につながるものではありません。あくまでもこれに加えて何か別の目の症状の可能性があります。頻繁に飛蚊症が見受けられる場合、網膜剥離など病気が疑われます。そのような病気にならないためにも対策が必要になるでしょう。大きな対策方法として一番に挙げられるのは紫外線やブルーライトなどの有害な光を減らすことです。これらの光は目に非常に大きな負担をかけるので、テレビやパソコンを利用する機会を減らしたり、屋外に出るときに紫外線対策を行うなどが挙げられます。これらに加えて、食生活の見直しも大切です。目に良いルテインを多く摂取するために、サプリメントなどを補助で飲むのも良いでしょう。