レディ

目に異常を感じたら眼科へ行こう|緑内障は早期治療が大事

手術で治療できる

眼

実際には蚊が飛んでいないのに、飛んでいるように目に映る症状のことを飛蚊症といいます。この飛蚊症の原因にはさまざまなものがあります。その主たるものが加齢と目の疲れです。そうした生理的な原因で発症するものを生理的飛蚊症といいます。また、生理的現象ではなく網膜剥離などの目の病気によっても引き起こされることがあります。さらに、統計的には50歳以上の人や近眼の人にあらわれやすい傾向があります。このように、一口に飛蚊症といってもその原因にはさまざまなものがあります。症状が現れたら原因にかかわらず、すぐに病院の眼科を受診することです。特に、高齢者の場合には放置しておくと眼病をわずらうこともありますので、必ず病院に行くことです。

生理的要因によって飛蚊症を引き起こしている人は、目の疲れが出ないようにパソコンや携帯の使用を控えることです。また、網膜剥離によって飛蚊症が発症していた場合にはその治療方法として手術があります。その方法には2つあります。1つはバックリング手術です。網膜部分にシリコンスポンジを巻きつける手術のことをいいます。もう1つは硝子体手術です。これは硝子体そのものを除去する手術です。いずれかを選択する必要があります。自分が網膜剥離を起こしているかどうかを確認することは簡単です。蚊だけでなく光ってもいないのに光が見える場合には高い確率で網膜剥離です。これは光視症といいます。この症状が確認できれば病院で手術を受けましょう。